基礎化粧品の浸透力をUPさせる方法

 

基礎化粧品の浸透力をUPさせる方法

ほうれい線対策として、リフトアップ効果や保湿効果のある化粧品をいくら使っても、しっかりと肌の奥まで浸透しなければ意味がありません。

 

浸透力のある化粧品を見極めるのは、簡単なことではないので、自身で乳液や美容液の浸透力をUPさせる方法を紹介します。

 

ポイントは「温める」ということです。

 

顔に塗る前に…

まず、乳液を手のひらにとり、両手を重ね合わせて体温で乳液を温めます。

 

油分というのは熱が加わることで、分子が細かくなり、伸びがよくなるため、肌への浸透力がUPします。

 

この時に、手のひらを重ね合わせるだけでなく、こすり合わせることでより効果を高めることができるので、ぜひやってみてください。

 

 

顔に塗るときは…

手のひらで温めた乳液を塗るときには、両手で顔を包み込むような感じで、やさしく押しつけ、そのまま5秒から10秒程度維持してください。

 

マッサージするように塗る方もいますが、浸透力を高めるためには、手のひらで包み込んで、やさしく押しつけることで、手のひらのぬくもりと、密閉効果で肌の奥まで浸透させることができます。

 

 

この方法は、乳液だけでなく、保湿クリームや美容液など、油分が含まれるものすべてにできる方法ですので、普段使われている化粧品も温めてあげることで、普段よりも浸透していくのが分かるかもしれません。

 

使い方を工夫して、ほうれい線ケアをしていきましょう。