ほうれい線を隠すメイク術

 

ほうれい線を隠すメイク術

ほうれい線を解消させるために、マッサージをしたり表情筋を鍛えるエクササイズをしたりすることはとても大切なことです。

 

しかし、そうしたマッサージやエクササイズはすぐに効果を表すものではありません。
どうしても、時間が必要になってきます。

 

そのため、そういったマッサージやエクササイズを行いつつ、外出する際にはほうれい線を目立たなくさせることのできるメイク術を紹介しましょう。

 

厚塗り禁止!!

ほうれい線が目立ってしまって、それを隠そうとするとどうしてもファンデーションを厚塗りにしがち。

 

ですが、これは逆効果です。ほうれい線の溝にファンデーションが溜まってしまったり、時間が経つにつれてよれてきてしまい、隠しているのに逆に目立ってしまうのです。

 

そのため、頬やおでこなどの部分よりほうれい線の部分だけファンデーションを薄めに塗ることを心がけましょう。

 

シワを影と考えると、影に対抗できるものは光ですよね。ですから、まず明るいコンシーラーをほうれい線に沿ってなぞっていいます。

 

そして、そのままの状態だとラインになってしまうので、コンシーラーをした後には、必ず指でぼがしてください。

 

ぼかしたら、ファンデーションを薄く塗り、ハイライトをふわっとのせていきます。
パールの入った化粧品は、光をコントロールしてくれるため、ほうれい線などシワが気になる方には、オススメのアイテムです。

 

これでほうれい線を目立たなくさせることができますが、人の視線がほうれい線ではなく、口元にいくようにリップを塗る際には、リップライナーで唇の輪郭をしっかりとるといいでしょう。