ほうれい線の解消法

 

ほうれい線の解消法

マッサージやエクササイズで解消する

ほうれい線は顔のエクササイズやマッサージを行うことで、解消することができます。

 

メリットとしては、器具などを使うことなく手軽に行えることなのですが、即効性はなく効果を持続させるためには時間と労力がかかるのがデメリットです。

 

しかし、顔の筋肉を鍛えるため、毎日行って習慣にすることで、シワができにくくなるでしょう。

 

 

コラーゲン注入・ヒアルロン酸注入で解消する

コラーゲンやヒアルロン酸の注入は、一番即効性のある方法と言えます。

 

直接ほうれい線に沿って注入することで、その場でシワがふっくらして、ほうれい線がほとんど目立たなくなります。

 

通常は麻酔をせずに注入して、時間を15分程度で終わります。
腫れなどもほとんどないので、すぐにメイクをして出かけることも可能です。

 

1回の注入で、4か月から6カ月程度は効果が持続し、金額は(左右のほうれい線の注入した場合)コラーゲンは5万円程度、ヒアルロン酸は7万円程度が相場になっています。

 

コラーゲンはアレルギーを起こす人もいるため、アレルギーを起こすことのないヒアルロン酸の方が人気があるようです。

 

しかし、この方法はほうれい線の根本的な原因を解消したことにはならないので、一度注入して効果が消えたらもう一度注入するというように、何度も繰り返ししていかなければいけません。

 

急な結婚式やパーティーに招待され、ほうれい線が気になるからというように、急いでほうれい線を消したいという方には最善の策かもしれませんね。

 

 

美顔器で解消する

コストパフォーマンスの優れた方法が、この美顔器を使ってほうれい線を解消する方法と言えるでしょう。

 

ハンドマッサージの変わりに、美顔器で顔をマッサージすることで、時間短縮にもなりますし、より効果も期待できます。

 

また、表情筋を鍛えてたるみを解消するだけなく、小顔効果もあるため、美顔器によるほうれい線解消は女性にとっては嬉しい効果ばかりですね。

 

ハンドマッサージと同じように、長期間継続して行うことが大切なので、時間をみつけて毎日続けて行くようにするといいでしょう。

 

 

美容整形で解消

コラーゲン注入やヒアルロン酸注入はプチ整形の部類に入る、ほうれい線の解消方法になりますが、いわゆる「美容整形手術」の部類に入る解消方法を紹介します。

 

美容整形で人気のあるのが、フェザーリフト、サーマクール(高周波)などです。

 

フェザーリフトとは、特殊な糸を使いたるみを改善する方法です。

 

サマークールは、高周波を用いて皮膚を引き締め、ほうれい線を目立たなくさせます。メスを使わない治療法として、人気のある美容整形です。