ほうれい線の原因とその要因

 

ほうれい線の原因とその要因

ほうれい線の原因とは?

ほうれい線が目立ってしまうと、実年齢よりも老けて見えます。「いつまでも若くありたい」そう願う女性にとっては、ほうれい線は大敵ですよね。

 

ほうれい線のできてしまう原因は年齢だけではないようです。若くて目立つ方もいれば、年齢がいっていてもそんなに目立たないという方もいます。

 

では、なぜほうれい線はできるのでしょうか。ほうれい線の原因と考えられる、代表的なものを紹介していきましょう。

 

表情筋が衰える

表情筋とは、顔の表皮の下にある筋肉で、この表情筋が衰えてしまうと、下に垂れさがってしまうため、ほうれい線ができてしまうのです。

 

ほうれい線ができてしまう原因として、最も考えられるのがこの「表情筋の衰え」です。

 

表情筋は、年齢を重ねるごとにだんだんと衰えてしまいます。
そのため、顔の筋肉を鍛える「フェイストレーニング」などを行って、表情筋を鍛える必要があります。

 

 

肌のハリや弾力の低下

これは、ほうれい線に限らず、顔に出来てしまう他のシワにも言えることなのですが、年を重ねるごとに肌の弾力やハリは低下してしまい、重力に逆らえなくなりたるんでしまったり、ほうれい線ができてしまったりします。

 

肌にハリや弾力を取り戻すためには、コラーゲンを意識して摂取するようにしたり、ビタミンC誘導体やレチノール、ピーリング剤などを含む美容液を使うようにして、対策を行っていく必要があります。

 

 

顔の骨格

肌の衰えと無縁な年頃から、ほうれい線ができてしまったという方は、顔の骨格や筋肉のつき方が原因の可能性があります。

 

主に口周辺の骨格が出てしまっている人に多いのですが、口周辺と頬トの間にシワができやすいので、ほうれい線が目立ってしまうのです。

 

この場合、自分の力だけで改善するのは難しく、美容整形でプチ整形を行うか、歯科矯正を行うことで改善できることがほとんどです。

 

 

ほうれい線のできる要因について

ほうれい線ができる原因は、上に挙げたように「表情筋が衰える」、「肌のハリ・弾力の低下」、「顔の骨格」の3つが考えられますが、その要因には、どのようなことが関係しているのでしょうか。

 

<ほうれい線のできる要因>
◎老化      ◎喫煙
◎紫外線     ◎不規則な生活
◎乾燥      ◎偏った食事
◎ストレス    ◎睡眠不足

 

 

ほうれい線のできる要因に紫外線が関係しているのは意外かもしれませんが、紫外線は肌にダメージを与えるため、老化を促進させてしまいます。さらに、紫外線によるダメージは皮膚に蓄積され、知らないうちにシワが増えたということもあります。ほうれい線を改善しようと思ったら、まずは日ごろから紫外線対策をしっかり行うことから始めてみるといいかもしれません。

 

また、乾燥によって肌にハリがなくなってしまうということもあるため、保湿もきちんと行っていきましょう。その他の、不規則な生活、偏った食事、ストレス、喫煙、睡眠不足などはほうれい線だけでなく、肌にとって悪影響です。

 

ほうれい線の対策には、スキンケアやマッサージ、フェイストレーニングなどがありますが、食事や生活習慣、ストレスの解消などがきちんとされていなければ、同じです。毎日の生活習慣をしっかりと正していくことが大切になってきますので、そこは忘れずに改善していきましょう。